親権を獲得するにはベテラン弁護士に依頼

3組に1組は離婚すると言われているほど離婚は一般的になってきています。また離婚トラブルでもめる夫婦も多く、離婚は結婚とは違い、非常に多くの労力を使うと言われています。離婚を当事者だけでは行えない場合には、離婚トラブルを解決するために離婚 弁護士に相談するケースも多いのです。ここでは離婚における親権について考えてみましょう。

【子供がいる場合の離婚】

子供がいて離婚をする場合、やはり重要なのは親権がとれるのか?ということでしょう。離婚調停にもつれ込んだ時には子供の親権をなんとしても取りたいと考える方は非常に多いです。未成年の子供がいる場合の離婚調停では、子供の親権争いになることが非常によくあります。

【子供の親権をとるためにはどうすればよいの?】

子供の親権を必ずとれるという方法はありません。父親、母親のうち親権者となれるのはどちらか一方になりますので、成果につながらないこともあるのです。また親子関係は離婚調停が行うずっと前の長い年月により築かれています。そのため短期間で激変することはないのです。まず弁護士によって親権が取得できるか。できないかがかわるのか?ということですが、離婚問題の経験数の多い、弁護士に依頼すれば親権を獲得しやすいという傾向があります。そのため離婚問題を専門的に行っている弁護士の場合は、調停委員に的確に伝えることができますし、有利な行動を促すこともできるのです。

例えば、私が住んでいる越谷市の場合、越谷の離婚弁護士が経験が30年以上あるので地元では離婚案件は安心して依頼できると知られています。。

【子供の幸せを考えて親権者を決める】

親権者の決定は、子供の幸せがあるのかどうか?ということです。裁判所の評価基準を理解して、子供の幸せという観点から、自分が親権者である方がよいということをアピールする必要があるでしょう。

【母親の方が親権を獲得しやすい】

よく言われているのが、同居している方が親権を獲得しやすく、子供が幼い時には特には母親が親権者になる可能性が高いです。無難な生活ができているのに、子供の生活環境を変えてしまうのはよくないと言われているのです。